ザ・ウイスキー・バー / The Whisky Bar

大牟田唯一のオーセンティックなショット・バー 福岡県最南端の大牟田市で1995年開業。スコッチ・シングル・モルト・ウイスキーを中心に世界各国の素晴らしいお酒を常時1500種以上ラインナップ。丁寧にお作りするカクテルも好評を得ております。 掲載書籍: スコッチ三昧(2000年 新潮選書)、シングルモルトのある風景(2010年 小学館)、モルトウイスキー・コンパニオン(2011年 小学館)など

通常通り開く

New Arrival !!

余市 Peaty & Salty 55% Distillery Bottle

今回のご紹介は、ニッカ・ウヰスキーの本丸である余市蒸留所のピーティ&ソルティ(蒸留所限定)。

ご存知の通り、原酒不足は現在も続いており、大手ウイスキー・メーカーも手を変え品を変えリリースしていますが、ピーティなスタイルのウイスキーは極少の部類。

熟成年が無く、若い原酒中心のブレンドと思われますが、バランスの取り方は絶妙で、大手の底力を感じる出来になっております。

ちなみに、数年前の「whiskybase.com」の記事では80点台後半の高評価を受けているボトルです。

ま~、個人的には「もっとこうだったら・・」なんて思いもありますが、現在では飲む機会の少ないスタイルの余市なので、ピート・フリークは無論の事、通常の余市と比較したり、話のネタとして如何でしょうかw

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

Apreval A.O.C Pays d’Auge XO 18ans 42% Distillery Bottle

今回のご紹介は何気に久々なカルヴァドス。アプルヴァルのXO(18~24年)。

3、4年前位、日本へ初上陸した際ブランドの立役者になったのが今回のXO(エクストラ・オールド)で、当時相当人気があったらしく、レギュラー商品であるにもかかわらず売り切れで買えないなんて事もありました。

現行商品はロットが変わり、かつ味わいにも変化があったそうで、当時程の話題にはならないものの、香りやボディの豊かさはコスト以上のポテンシャルがあると確信します。

オフィシャルの解説及びテイスティング・ノートでは・・、

“A prestigious Calvados that reveals a candied and spicy character born from a complex blend of various distillations.”

Cidrification:

Clarified cider, fermented for over 8 months, resulting in a total transformation of sugar into alcohol.

Distillation:

Double distillation in a pot still.

Ageing:

In 1200L new oak barrels followed by old 400L barrels

Duration of ageing:

Cuvée of different vintages of Calvados AOC Pays d'Auge that spent at least 18 to 24 years in oak barrels.

Alcohol content:

42% vol.

About the product:

Body: Deep golden colour with coppered reflections, shiny and clear.

Scent: Mixed aromas of citrus fruit, sweet spices and brown sugar.

Taste: Rich and intense, smooth and slightly tannic structure. Flavours of bitter orange and spices. The finish is long and elegant with notes of pear and liquorice.

Serving suggestion:

After dinner: at room temperature in a glass for eau de vie.

・・、との事。

味わいのヒントを拾うと、「柑橘系、甘いスパイス、ブラウンシュガー、リッチで滑らか、わずかなタンニン。アフターは長くエレガント。梨と甘草のニュアンスも・・」って感じ。

ほぼ同意ですが、少し補足すると、「干し葡萄のようなドライ・フルーツ、タンニンはしっかり感じるが、カラメル的な甘さと酸でバランスしているって感じ」です。

冒頭の方にも書きましたが、香り豊かでボディもあるので、本日の〆的に飲んでも一定の満足度は担保されるかと存じます。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

P.S.8月10日からの25周年イベントへお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。先日31日を持ちまして無事終了致しました。

大変な時勢(現在も台風接近中)ですが、皆様の癒しの場であり続けられる様に、今後も精進する所存です。

The Whisky Bar / 佐藤竜次

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

伊良コーラ Original Cola Recipe Craft Syrup

今回のご紹介は、100年前のレシピを基としたとされる伊良コーラ(シロップ)。

「クラフト」という言葉が、正確に使われているとは言えないまでも、多種多様な酒類はもとより、「物作りの基本」「手作り」「少量生産=良い物」的なニュアンスで現在は受け入れられている様に思います。

また、トレンドは何時の時代も目まぐるしく移り変わるものですが、これだけ世界的トレンドになってるウイスキーも、一般社会から見ればニッチなもので、知らない人、知ろうとしない人、知ってても飲まない人、近年は若者のお酒離れもあってか、アルコールその物を「毒」であるかの如く思ってる方も増えつつある様にも思う。

ま、そんな折登場して来たのが酒場でのノン・アルコール飲料の多様性。

高度成長期のカクテル・ブックなど見ると、本当に工夫されたノン・アルコール・カクテルも沢山ありましたが、物に溢れた現在だと、○○風とか言った代替えの時代では無いので、より本物である事や、オリジナリティに溢れた商品が選ばれる理由になってると思う。

今回の伊良コーラは、100年前のオリジナル・コーラのレシピをベースに、コーラの実、カルダモン、ナツメグなど、15種類のスパイスを調合し、東京・下落合の自社工房で作られており、その個性的かつ癖になるような美味しさで、噂が噂を呼び瞬く間に知名度アップ!

当方、一応以前より認知はしてましたが、ご当地ラムネ的に局地的なものかと思ってたのを見事に覆され、2020年7月29日(水)より全国販売開始されるに至っています。

香りは、いわゆるコーラの香り、ナツメグやシナモンを少し強く感じます。レモンやライムのような爽やかさもあり、漢方臭さを中和している様に思う。

味わいは、コーラ、ナツメグ、シナモン、ちょいバニラ、強い酸味や甘みと共にショウガのヒリヒリ感。辛く作ったモスコミュールの後感と良く似てます。

あと、商品の状態や使用法にもよると思いますが、スパイスのザラザラ感が残されており、何となく体調整えてくれる様な気にもなるw

ま、個人的には酸味をもう少し抑えて欲しいと思いますが、可能性は無限大なので、コーラとしてだけでなく、しばらく遊んでみようかと存じます。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

Pittyvaich 1988-2017 29yo 48.6% The Vintage Malt Whisky for The Absolute Choice

今回のご紹介は、1993年から休止、2003年に取り壊され、2度と復活する事の無いピティヴェアック(またはピティヴァイク)。

発売元の説明では・・、

ボウモア蒸留所で20年以上ゼネラル・マネージャーとして研鑽を積んだブライアン・クルック氏によって、1992年に創業されたボトラー・クーパーズチョイス。確かな目利きと独特のストックは世界中に多くのファンを持っています。

ダフタウン蒸留所の第2蒸留所としてスタートし、1975年からわずか20年弱の歴史だったピティヴェアック蒸留所。主には「花と動物シリーズ」でのボトリングがありました。

生産の終了からも既に20年以上が過ぎてしまい、近年では僅かなボトラーボトルと親会社からの限定リリースのみとなります。

短い歴史ながらも佳酒の評判のあるピティヴェアック。 終焉期に生まれた長期熟成原酒は知る価値のある1本です。

テイスティングコメント

香り:蜂蜜、研磨剤、煙草、新品の皮製品、徐々にオレンジオイル、みかん、柑橘の皮へと変化する、時折フローラル。

味わい:オレンジ、キウイフルーツのクエン酸系フルーツ、そして、林檎、マーマレード、非加熱系フルーツの多彩なコンビネーション、ややビターでワクシー、オイリーなボディ。

フィニッシュ:アプリコット、枇杷、桃の皮、砂糖漬けのフルーツ、ややグラッシーでドライ。

コメント:開栓間も無くは個性的なので、少量の加水がお薦め。甘酸っぱいフルーツフレイバーが多彩に広がりを魅せる1本。

・・、との事。

まずはスペイサイドの長期熟成らしいコメント。「開栓間も無くは個性的」とありますが、大よそコメント通りであれば、昨今見かけない王道的なモルト・ウイスキーかと思う。

個人的に、ピティヴェアックは球数が少なく過去飲んだ物も少ないのですが、若い原酒である事以外にネガティブな印象が無いウイスキーなので、長期間の熟成によってどんな変化がもたらされているのかは興味が尽きない所です。

とりあえず、間もなく飲めなくなって行くウイスキーの1つなので、手の届くうちに1度お試し下さいませ。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

James E. Pepper 6yo 46% Distillery Bottle

今回のご紹介は、アメリカン・ウイスキーの歴史を語る上で大きな名であるジェームズEペッパー。

かつての蒸留所の閉鎖後も単発的にその名を使用した商品はあったものの、本格的に蒸留所が復活したのは2017年。ま~極々最近の話・・。

つまり、操業して間もないのだが、現在の商品はフォア・ローゼズなどで知られるローレンスバーグ蒸留所とのパートナーシップによって生産されている。

よって、本当の意味での復活はもう少し先なのかも知れないが、現行の物も(ローゼズとの違いも)気になってたので入荷に至りました。

輸入元の説明では・・、

アメリカ独立戦争下の1776年設立以降、1958年まで3代に渡り蒸留されてきた伝説的ブランド。 それをジョージタウントレーディングカンパニーが忠実に再現した復刻版。

3代目のジェームスEペッパーが残した当時のオリジナルボトル及びレシピを基に伝説の味を忠実に再現。

・・、との事。

少し説明不足だと思うので補足すると、初代エライジャ・ペッパーがケンタッキーにやって来たとされているのが1776年(アメリカ合衆国がイギリスからの独立を宣言した年)で、蒸留所の創業は1780年。

その時使用された商標が「OLD1776」という名前で、現行商品はそれのオマージュと言った所でしょう。

ちなみに、2代目がオスカー・ペッパー(禁酒法前後に見られる)で、3代目が今回のジェームズEペッパー。

写真、現行商品の後ろに写ってるのはレキシントンで作ってた本物(ヴィンテージ1946年)です。正直高額なのでお薦めし辛いのですが、「忠実に再現」とある事からも、比較して見るのも一興かと存じます。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

駒ヶ岳 2015 3yo 60% Single Barrel Yakushima Aging Distillery Bottle For Alliq 30th Anniversary

今回のご紹介は、7月17日にアップした「イチローズ・シングル・ブレンデッド forキンコー」の兄弟ボトルと言っても良いと思いますが、マルス信州蒸溜所で蒸留した原酒を屋久島エイジングセラーで熟成した3年物の「オーリック30周年記念シングル・モルト・ウイスキー」。

ご案内があったキンコーさんのテイスティング・ノートでは・・、

香り:ハチミツ、カリン、黄金糖、黄色いフルーツ。

味 :ハチミツ、爽やかなオーク、スパイス。

余韻:ビターなオークとスパイスが続く。

・・、との事。

屋久島については語るまでも無く特殊な自然条件なので、熟成が伸びればもっと独自性を発揮するかもですが、正直3年程度では、長野であろうが、鹿児島本土や屋久島であろうが、大きな差を感じるには少々心もとないかな・・。

また、場所柄トロピカルなニュアンスを期待される所ですが、テイスティング・ノートを見た限り、やはりベーシックな駒ヶ岳と大差無い感じ。

ショート・エイジでリリースするなら、いっその事ラムの樽とか使えば、ある程度期待に沿えると思うけど・・、余計なお世話ですかね・・。

ま、色々書きましたが、なんたって世界遺産の島で熟成された希少なジャパニーズ・ウイスキー!!今後の展開も期待される所です!!

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

Islay Violets 33yo 46.2% Elixir Distillers

今回のご紹介は、ラベルでは蒸留所名を伏せた形ですが、説明からすると明らかにボウモアであろうシングル・モルト・ウイスキー。

輸入元の説明では・・、

アイラ島で最も古い蒸溜所のシングルモルトで、コニャックの樽でフィニッシュし、カスクストレングスでボトリングした33年熟成です。

世界で2,200本の限定リリースで、日本へは180本の入荷となります。

この蒸溜所は特に年代ごとの味わいの特徴が異なることで知られ、80年代のキーフレーバーは「パフューミー」と表現されるスミレなどの花で、コアなファンの方にとっては懐かしい記憶をよみがえらせてくれるキャラクターでもあります。

香りはスミレ、ジャスミン、レモンピール、ゼラニウムのアロマとともにセージを燃やしたようなスモーキーさが広がります。

味わいはスミレの砂糖漬け、パイナップル、ローズマリー、やわらかなオークスパイス、ローズウォーター、ピンクグレープフルーツ。

33年もの長い熟成によって角のほとんどなくなったピートとともにコニャック樽由来の気品ある味わいが広がり、長い余韻が続きます。

この蒸溜所のシングルモルトを語るうえで、避けて通ることが出来ない80年代の味わいを体験できる貴重な1本です。

リリースしているザ・ウイスキー・エクスチェンジの説明では・・、

An elegant and floral 33-year-old Islay single malt from indie bottler Elixir Distillers, Islay Violets has been finished in ex-Cognac casks, accentuating its floral character.

Aromas Parma violets, jasmine, lemon peel, geranium and smoky, burning sage fill the nose. The palate offers notes of violet petals, rosemary, soft oak spice, juniper, pine and rosewater, with hints of pink grapefruit and Champagne cocktails that linger in the finish.

・・、との事。

見た所、日本語はほぼ英文を訳したままの表現ですが、英文最後の「シャンパン・カクテルの余韻・・」は抜けてますね。

プロ・バーテンダーだったら「ほのかにアンゴスチュラ・ビターズ的なニュアンス(アロマティックな余韻)」と読み取るかも知れません。

ま、俗にパフューミーと呼ばれた時代のボウモアですが、30年を越す年月を経、更にコニャックの樽にてフィニッシュされ、エレガントかつ濃厚な旨味が詰まった1本かと存じます。

少々高額ではありますが、〆の一杯して、極上の時間は約束された様なもんでしょう☆

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP:http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

Ardbeg Wee Beastie 5yo 47.4% Distillery Bottle

今回のご紹介は7月14日からデビューしたショート・エイジのアードベッグ。

新定番との事だったので、オークション等で変な価格になってるのは全く理解不能・・。

早く飲んでみたいのは理解出来るけど、そのうち安定して買えるので、皆さんくれぐれも転売屋に騙されないようにね・・。

オフィシャルの説明及びテイスティング・ノートでは・・、

「ウィー・ビースティー」はスコットランドの言葉で、小さいながらも強烈なインパクトがあり、手の付けられないリトルモンスターの意味を持ちます。そして、その熟成年数の若さを武器に、スモーキーさの際立つアイラ・モルトに仕上がりました。

グラスに注いだ瞬間から、砕いた黒胡椒の強いスパイシーさと樹液たっぷりの松脂の香り、そして強烈な煙の香りを感じます。口に含むと、チョコレート、クレオソート、タールの風味が爆発し、滋味あふれる肉や潮の風味が余韻として長く残ります。

アードベッグが挑んだリトルモンスター。5年熟成のスモーキーさをぜひストレートで味わってみてください。

香り:爽やかなハーブに微かにバニラや梨を感じる。砕いた黒胡椒の強烈なスパイシーさと樹液たっぷりの松脂の香り、そして強烈な煙の香りがまろやかでスモーキー。

味わい:チョコレート、クレオソートとタールの強烈な風味が爆発します。そして滋味あふれる肉や潮の風味が余韻として長く残ります。

・・、との事。

バーボンとオロロソ・シェリ―の樽が使用されているらしく、恐らく少し高い度数と相まった、しっかりした甘みとスモーキーさをバランスさせていると思われる。

個人的には、10年熟成があれば十分だと思いますが、世界的な需要を満たすにはこのような商品も不可欠なんでしょうね・・。

ま、気になってた方はお試し下さいませ。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

New Arrival !!

新コロナに続き水害と、今年は「呪われてるのか!?」って位、大牟田の町の灯は消えてしまってます・・。

そんな折、以前一度ご来店頂いた、名古屋のバー・フィンチのオーナー藤岡さんより、ボトルのお見舞いを頂きましたので、今回ご紹介させて頂きます。

Mannochmore 2010 9yo 55.3% Morrison & MacKay For The Share

本ボトルは、絶滅危惧動物をラベルにあしらい、更に全国のBARに声をかけてシェアするというシリーズ第3弾のボトル。

ボトリングは、元モリソン・ボウモア取締役のブライアン・モリソンと、キーパー・オブ・ザ・クエイクを受賞しているケニー・マッカイが立ち上げたモリソン&マッカイ社。

ボトラーとしては歴史の浅い会社ですが、業界への太いパイプを利用し、瞬く間に著名なボトラーへと成長。多種多様なウイスキー・コレクションは無論の事、最近はリキュール類もリリースしてます。

ま、ウイスキー好きなら最早知らない人は居ませんよね!!

肝心な味わいなんですが、テイスティング・ノートが無いので、見た目とスペックだけで想像すると・・、

55.3%、9年にしては割と濃い色合い、素直に見るとバーボン樽。ヘイグ系ブレンデッドの中核である事を加味すると、バニラ、わら、溶剤系、シナモン、ジンジャーのバランスと軽いタンニンって所。

カスク・ストレングスなので少し酸を感じれば面白いが、ショート・エイジだと、基本的に色を表現するタイプでは無く、キャンバス的なモルト・ウイスキーなので、次に飲むウイスキーの試金石として、又はスターターとして生きるスタイルかと思う。

ま、少々贅沢ですが、ハイボールのベースとして良いかも知れませんね。

とりあえず自分では余り買わないタイプの物なので、少々楽しみ、と言うか、「新しい扉が開いたらどうしよう☆」的なボトルですw

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

P.S.藤岡さん、この度は本当にありがとうございました。今もどこか曇った様な気分ではありますが、1から、いや、マイナスからでも頑張ろうと、そんな気分にさせられました。ずっと昔から思ってる事ですが、やっぱり「お酒」で繋がった縁は最高ですね!!

New Arrival !!

Trois Rivières Cognac Cask 2005-2019 13yo 52% Distillery Bottle for Kinko

今回のご紹介は、昨年11月24日にも入荷したトロワ・リビエールのシングル・カスク物。

イチローズ・ブレンデッドでも登場したキンコー(鹿児島)のプライベート・ボトルです。

キンコーさんHPの説明では・・、

全国有数のラムBAR、

銀座・Bar Lamp  中山 篤志氏
京都・Rum and Whisky  定元 学氏
福岡・Bar Rummy  利光 富宏氏

と当店がセレクトした珠玉のシングルカスク・ラム。

ラムの世界に深く通じ、ラムシーンの第一線で活躍する3者が、その魅力をより広く伝えるべくリリースされる注目のジョイントボトル。

選ばれたのはフランス産リムーザンオーク、コニャックカスク熟成のトロワリビエール。

テイスティング致しましたが、濃厚で艶があり、糖蜜を垂らしたナッツ、チョコレートの味わいが素晴らしいです!

ラムのプロフェッショナルを交えて満場一致での樽セレクトとなりました!

自信を持ってお薦めする極上ダークラムです!

フレンチ・クレオール・ラムの聖地、仏領マルティニーク島において、名門中の名門として知られるトロワリビエール。

BAR向けにオフィシャルからシングルカスクが提供されることは世界的にも極めて稀なケースであり、日本初となるスペシャルボトリング。

それを象徴するように、通常はホワイトを基調としたラベルが、今回は特別にブラックラベルでのリリースとなりました。

今後、このような特別なケースのリリースが行われるかどうか分からないほど、超レアなオリジナルボトリングです!

<Rum and Whisky 定元氏:テイスティング>

香り:綿飴の甘い香りとネーブルの果皮の酸。長熟ボルドリの重厚な葡萄感。ダージリンティーとドライアプリコット。優しいミントのヒント。

味 :熟柿の複雑な甘さとIPAの苦み。香ばしいローストアーモンド。高貴なスミレの砂糖菓子。

余韻:長く舌にまといつく、柿の葉茶に似た質感の心地良い渋み。

総合:カリブの仏領マルティニーク島より、2005年蒸留の新世代原酒。ブリュット・ド・フュ(カスクストレングス)の力強い飲み応えは、きっとウイスキーファンの皆様にも御満足いただけます。

熟成庫火災以前の古酒を思い出させる伝統的な味わいに加え、上質なコニャック樽熟成と樽出しボトリングで香りとボディをブーストしたネオクラシックなトロワリビエールです。

・・、との事。

個人的には、熟成庫火災以前の古酒と言うよりも、昔飲んだボトラー系ハイ・プルーフ・デメララを連想しましたが、テイスティング・ノートに関してはほぼ同意です。

ただ、通常のトロワ・リビエールを飲んでいる人には以外な位渋みがあるので、一瞬の躊躇は有るかもです・・。

しかし、結構僅かな時間で慣れるし、変化もするので、この肉感的ボディから放たれる、濃厚、濃密な香りや味わいに、ラム・ファンならずとも魅了されること間違い無し!!

ま~、古酒好きならしばらく忘れない味わいになると思います!!

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP : http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/

New Arrival !!

Ichiro's World Blended Whisky "505" 50.5% Distillery Bottle
Ichiro's Single Cask Blended Whisky 58.4% Distillery Bottle for Kinko

今回のご紹介は、ほぼ同時期にアナウンスされた特別なブレンデッド2種。

1本目は、新コロナ禍において、ある意味飲食店救済の為に限定販売された「505」。

資料より抜粋ですが・・、

秩父の環境で、さらに熟成を深めた世界の五大ウイスキーを使用するというコンセプトはそのままに、今回はアルコール分高め、またモルト原酒の比率も大幅に増やして、特別にブレンドを行いました。

今回の製品は飲食店限定販売となっており、期限付酒類小売業免許を取得した飲食店に限っては、期限内であれば店舗での小売販売にもご活用いただけます。

ゆったりとした甘さと華やかな香り、バランス良く響く麦の印象と幾重にも重なる熟成感が、時間と共に変化をしながら続きます。

原酒一つ一つの複雑な味わいをいかすため、ノンチルフィルター、そしてノンカラーでボトリングしました。丁寧なブレンドによって作り上げられた繊細な香りと深い味わいを、是非お楽しみください。

・・、との事。

2本目は、秩父ウィスキー祭りにも参加している、30周年を迎えられた鹿児島キンコーさんのシングル・カスク・ブレンデッド。

キンコーさんのテイスティング・ノートでは・・、

香り:クリーミーなウッディさ、砂糖入りミルクの甘い香り。

味 :柔らかく甘い、ウッディな酸味とバニラの甘みが交互に現れ、響きあう。

余韻:あたたかくスパイシーな余韻が続く。

・・、との事。

見た所キンコーさんの方が明らかに濃い色なので、モルトの熟成年数、配合率も高いと思われますが、色的には恐らくコンセプトが近しいと思われるので、比べる場合は「505→キンコーボトル」若しくはそれぞれ単体で楽しむ方がベターかと存じます。

プレミア必須の両ボトル。ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

P.S.新コロナに続き、水害にて被災された皆様へ心よりお見舞いを申し上げます。また、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

当方にも多方面からのご心配のメール等々頂きましたが、幸い被害を免れ通常営業出来ております。皆様、お見舞い頂き誠にありがとうございました。

New Arrival !!

AB Selezione "I Millesimi" 2000-2014 42% Distillery Bottle

今回のご紹介は、2014年よりブランド展開しているエー・ビー・セレツィオーネのヴィンテージグラッパ。

ヴィンテージが2000年なので不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、オーナーのアントネッラさんは1898年より続くボッキーノ蒸留所のお嬢様。以前、カルロ・ボッキーノを入荷しているので覚えている方も居るかも知れません。

オフィシャル・ホームページの説明では・・、

In the year the second millennium ended and the Catholic Church celebrated the Great Jubilee, this grappa, the result of a symphony of muscats from various geographical regions blended in a single cuvée, began its long “elevage” (ageing) in Allier and Limousin oak barrels.

COLOUR: classic amber.

BOUQUET: aromatic ambience that reveals intense notes of cocoa, raisins, dried figs and walnut husks. A lingering finish with hints of roasted chestnuts and “marron glacé”.

FLAVOUR: the wood tannin envelopes and caresses without dominating, recalling pleasant, spicy aromas similar to Vin Santo.

AB Selezione HP:http://www.abselezione.com/

・・、との事。

抜栓直後の個人的な感想ですが、グラスに注ぎ思うのはマスカットその物の香り。

嗅ごうとしなくても香るレベルです。

鼻を近づけると、生食後の葡萄カス、又は皮革製品の様な独特な香り、グレープフルーツの皮やワタなどの爽やかな香りにも気付きます。

飲むと、見た目の色合いよりタンニンがあり、かつキレもあるが、その後も長くフルーティな香りが残ります。

とりあえずアルコールその物の香りや刺激が少ないのが熟成している証拠でしょうけど、熟成年からするとドライな部類かな・・。

ま、時間経過で更に良くなるので、是非とも時間を掛けて飲んで頂きたい1本です!!

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/
BBS http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Bushmills 51.14 2001 16yo 56.2% 1st Fill Barrel / Bourbon S.M.W.S

2019年10月17日に、恐らくブッシュミルズであろう長期熟成ボトラー物アイリッシュをご紹介しておりますが、今回は、ミドル・エイジ、ファーストフィルのバレル、ボトリング機会の少ないザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティから昨年リリースされた物。

ソサエティのテイスティング・ノートでは・・、

タイトル:ALLURING FRUITS AND SPICES / 魅力的なフルーツとスパイス

[ノーズ]

蜂蜜やシリアルと共に、魅力的な香りが放たれ、パンオレザンとバナナ、マンゴー、桃がバニラの香りが突撃してくる。また、ベイリーフのようなハーブ香もほのかに感じる。

[パレット]

味わいはとても甘い。熟した果実味とプラムジャム、マンゴー、バニラが新木と樹液の味わいに加わっている。フィニッシュにはハーブと僅かにミントの味わい。加水すると、レモンシャーベットとフルーツサラダのボイルした甘さとバニラ。ドライジンジャーと白コショウのスパイシーが覆う。甘さとスパイシーさが続き、フルーツサラダ、バニラ、ルバーブ、煙草、ジンジャーが少し甘く、心地よくまるで、バターのようだ。

・・、との事。

ま~、およそウイスキーのコメントとは思えない様な表現がありますが、それぞれのキーワードだけ拾って行くと一応感じる事は出来ます。

抜栓した直後、短い時間での個人的感想ですが、木材、バニラ、スパイス、桃、ハーブのニュアンスとジンジャーの様なヒリヒリ感、目立つタンニンでは無いがキレは早い。

少し置くと乳酸系が香り出すので、数か月後か、時間を掛けて飲む方が満足度は高くなると思います。

ま、とりあえず、この手のウイスキーはストレートじゃないと本領発揮しないので、一応カスク・ストレングスに慣れた方じゃないと勧め致しません。

そこそこ飲める方なら、前回の長熟物と比較、若しくは連続で飲んで見るのも楽しいかと存じます。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

HP http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/
BBS http://9011.teacup.com/whisky/bbs

[05/16/20]   ◆ご来店に当たっての注意事項◆

まず、感染防止の観点より、マスクの着用、携帯。出来るだけ手を清潔に保つ事は無論、目、鼻、口、顔周辺を絶対に手で触らない事を心がけて下さい。

その上で、当店は普段からお断りしておりますが、グループでのご利用、他者への声掛け、会話を妨げる様な大声など、いつも以上にご注意下さい。

当店ご利用のお客様は大人の方ばかりなので注意する事は無いと思いますが、ナーバスなお客様も多々いらっしゃいますので、入店の制限を含め、ご留意頂けますと幸いです。

The Whisky Bar / 佐藤竜次

New Arrival !!

Berta Monprà 40% Distillery Bottle

日本でも安定した人気を得、いつでも買えるようになったグラッパ・ベルタ。

もともと多様な商品があるのだが、日本市場ではレンジの高いものが主流で、今回ご紹介するモンプラの様な商品の流通は極少の部類。

比率は不明だが葡萄の品種はネッビオーロとバルベーラ。

熟成は12か月。定番であるロッカニーヴォ、トレ・ソーリ・トレ、それぞれの若い原酒のブレンドなのでしょう。

ちなみに、このセパージュで熟成が20年位になるとパオロ・ベルタになるので、ヤング・パオロ・ベルタって見方もありますかねw

オフィシャルのテイスティング・ノートでは・・、

Colour Amber.
Aroma Elegant, harmonious.
Flavour Soft, smell of vanilla and cacao.

・・、との事。

ま、内容が無いので想像し辛いですが、日本で流通してる物でセパージュや価格が近いエリージを少し軽やかにした物だと思えば当たらずとも遠からずって所じゃないでしょうかね・・。

ご興味があれば、ご来店、オーダー、宜しくお願い致します!ではでは!!

あ、そうそう、ベルタで思い出しましたが、昨年2019年10月31日にアップした「k6×ナイン・リーヴズのラム」で、パオロ・ベルタの樽が使用されたと書きましたが、実際はソロペルジャンの樽との事でした。早合点申し訳ありません。ここに訂正させて頂きます。

P.S 今回より説明もFBに残すようにしました。BBSもしばらくは継続しますが、時期を見て停止する予定です。過去データ見たい方はお早めに☆

HP http://www5d.biglobe.ne.jp/~whisky/
BBS http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

津貫 "The First" Distilld 2016-2017 Bottled 2020 59% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Oporto Port R.C.Ivison & Co. Jerez de la Frontera

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Silverado California Vodka 40% Distillery Bottle 80’s Rotation

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

1770 Glasgow Peated Release No.1 No Age 46% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Bladnoch

10yo 46.7% Distillery Bottle

15yo 55% Distillery Bottle Circa 2010

1988-2004 15yo 56.8% John McDougall's Selection The House of MacDuff

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Kilkerran Heavily Peated Batch No.2 60.9% Dstillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

The Glenlivet 12yo 40% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Annandale 2015-2018 3yo 61.4% A.D. Rattray For Three Rivers

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Kingsbarns No Age Dream to Dram 46% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

Happy Valentine's Day !!

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
https://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Secret Speyside Distillery 1994-2019 24yo 49.3% Shuiku no kai

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Ailsa Bay Release 1.2 Sweet Smoke 48.9% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Eden.Mill No Age 2019 Release 46.5% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Allt-A-Bhainne No Age 40% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

New Arrival !!

Royal Brackla 21yo 40% Distillery Bottle

日本語による説明は当店のBBSをご覧下さい。
http://9011.teacup.com/whisky/bbs

あなたの事業を居酒屋のトップリストOmuta-shiにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

場所

カテゴリー

責任者

佐藤竜次

サービス

Reserve Walkins

名物

Drinks

料金範囲

$$$$

支払いオプション

Cash

電話番号

住所


中島町7-1
Omuta-shi, Fukuoka
836-0023

営業時間

月曜日 20:00 - 03:00
火曜日 20:00 - 03:00
水曜日 20:00 - 03:00
木曜日 20:00 - 03:00
金曜日 20:00 - 03:00
土曜日 20:00 - 03:00
バーのその他Omuta-shi (すべて表示)
昭和食堂 大牟田店 昭和食堂 大牟田店
大牟田市小川町24-8
Omuta-shi, 836-0036

昔なつかし昭和の空間を再現!! 魚が美味しいお店です。

にの家 にの家
〒836-0047 福岡県大牟田市大正町1丁目7−9
Omuta-shi, 836-0046

自由食 谷口 自由食 谷口
大正町1丁目7-17
Omuta-shi, 836-0047

大牟田 太陽酒場 Auto Strada Club - アウトストラーダクラブ 大牟田 太陽酒場 Auto Strada Club - アウトストラーダクラブ
大正町2丁目3番地5
Omuta-shi, 8360047

定休日:日曜日 月~土曜日は 朝5時迄の入店をお願いします。

さんげん堂 さんげん堂
大正町1丁目8-2
Omuta-shi, 8360047

福岡大牟田居酒屋。名物藁焼きと牛タンは絶品!! 各種宴会も承っております!

もんど商店 もんど商店
大牟田市新栄町17-4
Omuta-shi, 836-0041

大牟田市 新栄町にある居酒屋。柳川魚市場で直接競りに参加し、新鮮な魚の提供

Darling~ダーリン~ Darling~ダーリン~
大正町1-3-6
Omuta-shi, 836-0047

Darling~ダーリン~

パフェ&バー 僕とピクニック パフェ&バー 僕とピクニック
本町2-7-13 第1カンカンビル5F
Omuta-shi

パフェ&バー 僕とピクニックです! 100種類近いお酒とおいしいおつまみがあります! そして特徴は何と言っても 【卓球台】と【パフェ】です! お待ちしてまーす!

Bar Saor Bar Saor
大正町1-4-3
Omuta-shi, 8360047

ショットバーです

テフン’sキッチン テフン’sキッチン
大正町1丁目4-7 ミール館 1F 南
Omuta-shi, 836-0047

魚半 魚半
新栄町15-15
Omuta-shi, 836-0041

笑顔の絶えないアットホームな雰囲気。新鮮な海の幸と、腕によりをかけた料理が自慢です。

炭火焼 月光浴 炭火焼 月光浴
大正町1-4-1
Omuta-shi, 836-0047

7月4日大牟田市大正町で炭火焼月光浴をオープン致します★ 個室も最大50名までと幅広い宴会にご対応出来るお店になっております! どうぞよろしくお願い致します!