ネコ文壇バー 月に吠える

新宿ゴールデン街にある”日本一敷居の低い”文壇バー月に吠えるの姉妹店。新宿三丁目にあります。ネコ関連の本をたくさん置いています。

[01/27/17]   【本日です!】
ゴールデン街3番街ジャンジュネのスタッフで、中華料理の達人なおさんを迎えての「変態飯店」、いよいよ本日です!なぜこんな名前になったのかは置いといて笑、健全で美味しい料理を食べられるイベントなので、皆様ぜひ奮ってお越しください!予約は不要です。ネコ文壇バーでの残り少ないイベントでもあるので、多くの方に来ていただけると嬉しいです!

■日時
1月27日(金)20時~23時頃

■場所
ネコ文壇バー月に吠える

■料金
3500円
飲み放題+中華料理食べ放題

■問い合わせ
08011433842

[01/19/17]   【お知らせ】
前に告知したゴールデン街3番街・ジャンジュネなおさんを迎えての「変態飯店」、正式決定しました!

1月27日(金)20時〜23時頃、飲み放題+中華料理食べ放題で¥3500。場所はネコ文壇バー月に吠えるです。予約不要でなので奮ってお越しください!

※名前はアレですが、中華料理食べて飲んでワイワイやる健全なイベントです

新文化- 採用情報

【募集】
月吠えもお世話になっている、出版業界の専門紙「新文化通信」で、記者を募集しています。興味ある方はぜひエントリーを!
http://www.shinbunka.co.jp/recruit.htm

shinbunka.co.jp

[01/08/17]   【お知らせ】
1月27日(金)の夜、月吠え2号店でイベントやります!ゴールデン街3番街ジャンジュネのスタッフで、中華料理の達人なおさんをシェフに迎えての「変態飯店」(注・健全なイベントです)。火鍋を中心にコース料理&飲み放題の予定。恐らく2号店では最後のイベント、ぜひお越しください。詳細が決まったらまた告知いたしますね!!

[01/07/17]   【募集】
テレビの某バラエティ番組で、生活を切り詰めながら物書きをしているor物書きを目指している方で、出演してくださる方を探してるそうです。もし興味のある方がいましたらご連絡くださいませ!

magazine.moonbark.net

【第5回】新卒2年目で会社を辞めた腐女子の持ち込み日記

【WEBマガジン更新】
久しぶりの更新です!マンガ家を目指すため北海道から上京、就職した会社も2年で退職。フリーターをしながらマンガの持ち込みをする山田さんの持ち込み日記です。いよいよ出版社にたどり着いたようですが…進展はあるのでしょうか。どうぞ!
http://magazine.moonbark.net/column/mangado5/

magazine.moonbark.net ※前回の記事はコチラです 山田炯さんへのQ&Aコーナー ...

[12/26/16]   【年末年始の営業案内】
■ゴールデン街店
年内無休。1月1日~1月3日お休み。1月4日から営業。

■新宿3丁目店
年内無休(年内閉店)
※ネコ文壇バーは閉店に伴い、お好きな本を無料で持ち帰っていただいてOKです!

[12/26/16]   【お知らせ】
本日26日(月)は、ネコ文壇バー・月曜担当の安藤りくさんの最終出勤日。ゴールデン街ではしょっちゅう飲んだくれている彼ですが、カウンター越しに会える機会は今日を逃すと当面ありません。ぜひ会いに来てください!テキーラ飲ませてやってください!

ちなみに今週は、お別れのスタッフが多いです(涙)。ぜひ最後に会いに来てやって下さい!

12月27日(火)
ゴールデン街店 ももこさん

12月28日(水)
ネコ文壇バー 名久井さん

12月30日(金)
ネコ文壇バー 綾乃さん

12月31日(土)
ネコ文壇バー フジオさん

[12/11/16]   【1日店長のお知らせ】
12月21日(水)、ビジネス書に特化した出版社「クロスメディア・パブリッシング」の小早川幸一郎社長が、プチ文壇バー月に吠えるで1日店長を務めてくださいます!(新宿ゴールデン街の方のお店ですので、お気を付けください)

同社は今年だけでも、『鬼速PDCA』『自分を変える習慣力』をはじめ、多くの話題本を生み出している出版社です。

これから出版業界にチャレンジしたい方、ライターや編集者になりたい方、業界にいるけど壁にぶつかっている方など、直接お話を聞けるまたとない機会ですよ。ぜひ奮ってお越しください!

以下が詳細です。

****************************

【1日店長イベント】

■ゲスト
小早川幸一郎社長
(株)クロスメディア・パブリッシング
http://www.cm-publishing.co.jp/

■日時
12月21日(水)19~24時

■場所
プチ文壇バー 月に吠える
新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り
TEL:080-8740-9958
http://r.gnavi.co.jp/dfeyazv40000/

■料金
チャージ500円、ドリンク700円~

※予約は不要ですので、多くの方のお越しをお待ちしています
※混雑した際は、席を譲り合っていただきますよう、お願いいたします

****************************

magazine.moonbark.net

【第1回】月子を甲子園に連れてって 第11回出版甲子園グランプリへの道 闘いの幕開け

【お願い】
月吠えでインターンのライターをしてくれている女子大生の三七十(みなと)さんが、「出版甲子園」というイベントで決勝に残りました!出版甲子園とは、学生たちが本にしたい企画を作り、プロの編集者たちの審査を経てグランプリを目指すイベントです。

※詳しくはこちらを参照ください
http://magazine.moonbark.net/special/road_to_koshien11_1/

つきまして11月9日(水)18時30分頃~、プレゼンの練習をゴールデン街の月吠えでやります。なるべく多くの方の意見を聞きたいとのことで、早い時間ではありますが、もしお時間ある方は来てやって下さいませ。一杯おごりますので!出版業界とか関係なく、いろんな意見を聞きたいので、どなたでも結構です!

なお狭いお店なので、入れない可能性もあるので、行ってやってもいいよ、という方はコメントでもメールでも結構ですので、一報をいただけますと幸いです。何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

magazine.moonbark.net 「南を甲子園に連れてって」 ご存知の方も多いだろう。名作野球マンガ「タッチ」で、ヒロインの朝倉南が...

ameblo.jp

『実は私、本になってます。そして出版されてます。』

【お知らせ】
子宮委員長はるさん、今やカリスマ的なベストセラー作家ですね!マスターの初著書「究極の愛に~」で3年ほど前に取材させていただいたことを、ブログで書いて下さってます。もうかなり以前のことですが…良ければぜひご覧ください!

ameblo.jp 実は私、本になってます。今年の明けくらいに出版されました(^-^)究極の愛について語るときに僕たちの語ること/青月社¥1,512Amazon.co.jp内容(…

[11/03/16]   【お知らせ】
少し前にも告知しましたが、新宿3丁目のネコ文壇バー月に吠える、12月31日で営業終了します。約一年間の短い間でしたが、たくさんの方にお越しいただき、いろいろな出会いもありました。本当に感謝しています。残り短い期間ではありますが、ぜひ遊びに来てやってくださいませ!

お店自体は年内の営業ですが、物件の契約は来年1月末まであります。イベントや貸し切りでの利用は大歓迎なので、気軽にお声がけください!
http://woman.mynavi.jp/article/160210-22/

kinokuniya.co.jp

【新宿本店】『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』刊行記念 肥沼和之さん×上原隆さんトークイベント(2016年10月28日) ※予定枚数に達したため、整理券の配布は終了

【満員御礼!】
月吠えマスター×ノンフィクションライター・上原隆さんによる、あさって10月28日(金)19時~@紀伊國屋新宿店のトークイベント、多数のお申し込みをいただき、おかげ様で定員50名に達したようです!緊張しますが頑張ってきます!

お申込みいただいたのにいっぱいだったという方、申し訳ありません…キャンセルが出る可能性もありますので、よろしければ当日にでももう一度お問合せいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

【イベント詳細】
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20161005172810.html

kinokuniya.co.jp 『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』刊行記念 肥沼和之さん×上原隆さんトークイベント 「ライター」のお仕事といえば、一昔前までは雑誌・書籍をはじめとする紙媒体が大半でした。それが最近ではインターネット媒体のものも急増し、活躍の場がじつに多様化して...

magazine.moonbark.net

【ひとり出版社Vol.4】よりふさわしいカタチで、表現が届けられる時代になる『編集室屋上』林さやかさん

【WEBマガジン更新】
久しぶりの更新になってしまいました。最新記事は「ひとり出版社企画」。今回は、編集者として活動するうちに、本づくりのあり方に疑問を持ち、独立して「編集室屋上」を立ち上げた林さやかさんへのインタビューです。

現在の活動の根底にあるのは、「出版業界をよくしたい」「本を盛り上げたい」という大きなくくりではないそう。あくまで自分が「面白い」というものを作り続けていきたい、という林さんの、本づくりへの思いをぜひお読みください!
http://magazine.moonbark.net/special/hitoripub_okujyo/

magazine.moonbark.net 現在、一人で立ち上げられた出版社は百数十社に上るらしい。出版の敷居が低くなりつつある今、「編集室屋上」の林さ...

kinokuniya.co.jp

【新宿本店】『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』刊行記念 肥沼和之さん×上原隆さんトークイベント(2016年10月28日) | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

【イベントやります!】
10月28日(金)19時@紀伊國屋新宿本店で、月吠えマスターの新刊「フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。(実務教育出版)」の発売記念トークイベントをやらせていただきます! 

イベントをさせてもらえるだけでも嬉しいのに、ゲストは何とノンフィクションライターの上原隆さん。市井の人々に取材をし、何気ないけれどグッとくるドラマを描き続けている方で、『友がみな我よりえらく見える日は(幻冬舎アウトロー文庫)』などたくさんの著書をお持ちの方です。

ずっと昔から大好きで、本当にあこがれ続けていた方でもあります。僕の話はともかく、上原さんのお話だけでも絶対に聞く価値がありますよ!

以下、イベント概要です。奮ってお申し込みくださいませ!

******************************

『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』刊行記念 
肥沼和之×上原隆さんトークイベント(2016年10月28日)

■日時
2016年10月28日(金) 19:00開演/18:45開場

■会場
紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース

■定員
50名 ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

■参加料
500円

※お申し込み方法など詳細はこちらからご覧ください
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20161005172810.html

******************************

kinokuniya.co.jp 日時◆2016年10月28日(金) 19:00開演/18:45開場会場◆紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース定員◆50名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。参加料◆500円参加方法◆10月10日(月・祝)午前10時より店頭またはお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)

[10/01/16]   【募集】
新宿のとあるバーが、ママの家庭の事情でお店を続けるのが難しく、このままだと閉店せざるを得ない状態だそうです。後を継いでお店をやってくれる方、がっちり入って働いてくれる方など探しているそう。二丁目にあるお店ですが、いわゆるノンケのお店で、出版・テレビ系の業界人が主に集まり、40年近い歴史があります。一階で立地も良いです。

そして何より、ママの人柄が本当に魅力的なんです。新宿の歴史や、赤塚不二夫さんや永沢光雄さんとのエピソードや、志村けんのコントでおなじみ「ひとみ婆さん」のモデルとなったひとみさんとの思い出など、貴重な話をいつもたくさん聞かせてくれます。

昨日聞いて爆笑したのは、とある寿司屋に行ってぼったくられたママが、翌日に12人でその寿司屋に行き、カウンター席(合計12席)に陣取って全員ゲソしか注文しなかったという話。お代を払おうとしたら、「結構です、勘弁してください」と謝られたとか。

少しでも興味がある方は、まずは一度飲みがてらママに紹介しますので、ご連絡くださいませ!

magazine.moonbark.net

【第2回】月子を甲子園へ連れてって 出版甲子園グランプリへの道2016 プロ編集者からの金言

【WEBマガジン更新】
学生たちが書籍にしたい企画を競い合う「出版甲子園」。
月吠えからエントリー中の大学生二名、いよいよ企画提出が目前に迫る中、プロの編集者をゲストに招待しました。

学生たちの企画に、プロはどんな感想やアドバイスを送ったのか!? 本づくりに興味がある方は必見です!
http://magazine.moonbark.net/special/road_to_koshien12_2/

magazine.moonbark.net ※前回の記事はコチラ 「うぅぅ……うぅぅぅ!!」出版甲子園2016のグランプリを目指す...

amazon.co.jp

フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。

【お知らせ】
ようやく情報解禁になりました!マスターの2冊目の著書「フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。(実務教育出版)」が9月23日に発売になります。教えます、とか偉そうなタイトルですみません。。

自分のささやかな経験や、お世話になった先輩物書きの皆様からの教え、ゴールデン街で出会った方々、取材を通じて知り合った方々、そして切磋琢磨し合えるライバルたちから学んだことなどを、ライターを目指す方向けのノウハウとしてまとめています。

コピーにもありますが、かなり泥臭いです。でも才能もコネも実績も特別な経験も何もない僕が、ライターとして生きていくための唯一の手段は、地べたを這いつくばるように泥臭く行動し続けることでした。

僕みたいな奴でもなれたのですから、誰だってライターになり、好きな仕事をして、そこそこ稼げるようになるはずです。

長くなりました。後は本文で。ぜひ手に取ってやってくださいませ。よろしくお願いいたします!

https://www.amazon.co.jp/dp/4788911914/ref=tsm_1_fb_lk

amazon.co.jp フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。

golden-gai.tokyo

新宿ゴールデン街 納涼感謝祭2016

【お知らせ】
8月28日(日)は新宿ゴールデン街の納涼祭です!
時間は15~23時まで、参加店はノーチャージ・1ドリンク500円でお酒が飲めます。恒例のスタンプラリーもあるみたいです。もちろん月吠えも出店します(申し込みが遅れたため、紙のパンフレットには参加店舗として載っていませんが…)!

今年4月、ゴールデン街で火災という非常に悲しい出来事がありました。被災店舗の中には、屋台や仮店舗で出店予定のお店があるようですし、皆さんが街に足を運んで飲んだくれてくださることは、立派なチャリティーにもなります! たくさんの方のお越しをお待ちしています!

<2016年納涼祭 公式ホームページ>
http://golden-gai.tokyo/nouryousai2016/

golden-gai.tokyo 新宿歌舞伎町の喧噪の中を通り抜けると、こつ然と姿をあらわす長屋風飲み屋群。昭和の香りと若い息吹が共存する不思議空間。 戦後をあだ花のごとく咲き続けてきた「新宿ゴールデン街」は今も「いま」の時を刻みつづけています。普段はなかなか扉をたたきにくい店も、この日は入場フリーです。この機会にいろいろなお店を探訪してみてください。個性あふれるお店の中には、きっとあなた好みのお店が見つかるはずです。8月28日、「新宿ゴールデン街」のパワフルな一日を、ぜひご体験ください。

magazine.moonbark.net

【2/3】ライブをするのはテレビ向きの芸風でないから 芸人・コラアゲンはいごうまんさん 

【WEBマガジン更新】
ノンフィクション漫談を芸にするコラアゲンはいごうまんさんへのインタビュー第2回。コラアゲンさんがどのようなネタをしているのか、記事内で軽く触れています。
またライブを続けている理由についても言及しています。ぜひご覧ください!
http://magazine.moonbark.net/interview/collagen2/

magazine.moonbark.net ※前回の記事はコチラ これまでに断ったお題はない ―喰さんが毎回お題を出され...

magazine.moonbark.net

【1/3】ネタが面白くないからノンフィクション漫談を始めた 芸人・コラアゲンはいごうまんさん 

【WEBマガジン更新】
僕は10年近く前から、彼のファンでした。彼の作品は必ず書籍化されるだろうと確信していました。

そしてとうとう今年、芸風がテレビ向きでないという理由でなかなか日の目を見ず、全国でライブを地道に続けていた彼の作品が本になり、日本中で発売されました。

正攻法で上手くいかなかったから今の芸風がある。言い換えれば、誰でもやり方次第で、幾らでもリカバリーできる。そんな言葉が心に刺さりました。

全3回のインタビューの1回目です。
http://magazine.moonbark.net/interview/collagen1/

magazine.moonbark.net テレビを点けると、「一流」「売れっ子」と呼ばれるたくさんの芸人が活躍している。インターネットの普及により、芸...

magazine.moonbark.net

【ひとり出版社Vol.3】本作りという不自由さの中に価値がある『左右社』小柳学さん

【WEBマガジン更新】
ひとり出版社企画の第3弾は、左右社さんにインタビューを行いました。本づくりや働くことの本質を表すような、貴重で哲学的な言葉をたくさん伺えました。ぜひご覧ください!
http://magazine.moonbark.net/special/hitoripub_sayusha/

magazine.moonbark.net 「ひとり出版社企画」第三弾。今回は、渋谷にある小規模出版社「左右社」にお邪魔した。代表の小柳学さんは、200...

[07/26/16]   【お知らせ】
今週末です!まだ空きありますのでよければぜひ→【ワークショップ】7月31日(日)13時~ 初~中級者向け・プロカメラマンによる写真講座 magazine.moonbark.net/event/photosch…

magazine.moonbark.net

月吠えマスコットキャラ「月子さん」の2代目イラストレーターが決定!

【お知らせ】
月吠えマスコットキャラの月子さん。
その2代目のイラストレーターがついに決定しました!

果たしてどんな方なのでしょうか?
以下の記事からご覧いただけますよ。
2代目に就任したコメントもいただきました!
http://magazine.moonbark.net/information/tsukiko2result/

magazine.moonbark.net 「月子さんにもっと活躍の場を!」 そんな思いから、「月に吠える」のマスコットキャラクター・月子さん...

[07/20/16]   【イベントのお知らせ】
7月24日(日)は文豪・芥川龍之介の命日。
ファンの間では「河童忌」と呼ばれているこの日に、
芥川龍之介の曾孫である芥川奈於(なお)さんをお招きして、
ファンたちによるちょっとした集いを行います。

予約なしの当日参加もOKなので、気軽にご参加ください!

***********************

『河童忌・記念会』

■日時
7月24日 (日)15時〜18時
※途中入場可能

■場所
ネコ文壇バー 月に吠える
新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3階A号室
http://bar.moonbark.net

■料金
1000円(1ドリンク・軽食付き)

■内容
参加者は芥川龍之介の好きな作品を持参し、
どこが好きなのか、読書会のように語り合います。
また「蜘蛛の糸」について、皆で意見を出し合うディスカッションや、龍之介と関わりのあった人物についてのトークを行います。

当日は龍之介にちなみ、「芋粥」「蜜柑のデザート」をお出しするほか、オリジナルカクテルとして「地獄変」「羅生門」「杜子春」「3つの寶」などを用意します。

■お申込み
info☆moonbark.net
※お名前、電話番号、参加人数を明記下さい
※☆を@に変更ください
※予約なしの飛び入り参加もOKです

******************************

magazine.moonbark.net

ショートショート作家・田丸雅智さんによる「飲んで遊んで書く〜連作小説講座〜」8/20にネコ文壇バーで開催

【イベントのお知らせ】
8月20日(土)19時~@ネコ文壇バー月に吠えるで、ショートショート作家の田丸雅智さんが、連作小説講座を開催してくださいます!
何でも「じゃれ本」というゲームブックを用いて、参加者が協力して小説を完成させる講座なのだとか…

今回は15名限定です。大人気の田丸さんの講座だけに、早々に埋まってしまうことが予想されます。ぜひお早めにお申し込みください!

イベントの詳細や申し込み方法は以下からご確認ください。
http://magazine.moonbark.net/event/rensakukoza20160820/

magazine.moonbark.net [caption id=

[07/14/16]   【ネコ文壇バーに関する大事なお知らせ】
公式に発表するのは初めてですが、新宿三丁目のネコ文壇バーが入っているビルは、来年頭に取り壊し予定です。
なので、初めから期間限定の営業予定でした。去年の12月にオープンして、もう半分が過ぎたわけです。
残りあっという間だと思いますので、ぜひ営業しているうちにお越し下さい!

いつまでやるか、はっきりは未定ですが、どうせ退去するならできることは全部やっておきたい!
持ち込みイベントも大歓迎です。レンタルスペースもやろうかな。
というわけで、限られた時間ではありますが、最後までネコ文壇バーをどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

[07/14/16]   【第3回月に吠える文学賞 結果発表】
大変お待たせいたしました!第3回月に吠える文学賞、以下が結果です。

<大賞>
該当なし

<優秀賞>
・(Saitama)Animals/渡辺新街
・眼Q憚/沼田真佑
・運河の傍らの公園で/牧港誠之

<特別賞>
・門出/永岡亮

この度は発表が遅れ、大変申し訳ありませんでした。
今回をもって、一旦終了予定の月に吠える文学賞。
最後はぜひ大賞を選出して終えたいところではあったのですが(第2回も該当ナシでしたし)、ほかの審査員と議論に議論を重ねた結果、一本を選出するのが本当に難しい状態でした。

消去法であれば、一本に絞れたかもしれません。ただ大賞であるならば、他より頭二つ分くらい抜きんでている作品を選びたい、
という思いもあり、そういう観点では今回は非常に拮抗していたため、このような結果とさせていただきました。
何卒ご理解くださいませ。

作品の発表などは追って告知いたします。
取り急ぎのご報告でした。

magazine.moonbark.net

【ひとり出版社Vol.2】実務の経験を積むことで、出来ることが増えていく 『堀之内出版』小林えみさん

【WEBマガジン更新】
ひとり出版社企画、第2回は「堀之内出版」の小林えみさんにお話を聞きました!
「働く」「生きる」「考える」をテーマに、哲学や社会問題から絵本まで、幅広い分野の本を刊行している同社。
出版社としての思いや、利益を出すための方法など、幅広くお話しいただきました。
http://magazine.moonbark.net/special/hitoripub_horinouchi/

magazine.moonbark.net 個人や小規模で出版社を運営している人にお話を伺う「ひとり出版社企画」。第二弾では、「堀之内出版」の小林えみさ...

[07/07/16]   【ワークショップ】初~中級者向け・プロカメラマンによる写真講座

カメラを買ったけど上手く使いこなせない。
趣味で写真を撮影しているけど、もうワンランクステップアップしたい。
仕事でカメラを使うので技術を磨きたい。

などなど、写真に関する悩みを抱えていませんか?
分からないことや課題が明確であるならば、プロに聞いてしまいましょう!

ということで、プロカメラマンがワークショップを開いてくれることになりました! マスターの仕事仲間でもある、とても優秀で気さくなカメラマンですよ。

以下、詳細です。

■日時
7/31(日)13~16時

■場所
ネコ文壇バー 月に吠える
新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3F-A
http://bar.moonbark.net/

■対象
•写真が上手くなりたい初級~中級者
•デジタル一眼レフカメラorミラーレス一眼カメラをお持ちの方

■参加費
1000円(ワンドリンク付き)

■持ち物
カメラ、筆記用具

■定員
20名
※定員になり次第締め切りますので、早めにお申し込みください
※お申し込み後のキャンセルは極力控えてください

■内容
事前に皆様からいただいた、写真に関する疑問、課題、悩みをもとに、講師がプログラムを作成します。 初めに座学をした後、屋外で実際に撮影を行う予定です。

■講師プロフィール
櫻井健司
1979年生まれ。北海道出身。大学卒業後、写真スタジオに勤務。
2005年よりフリーランス。主に雑誌やWEBなどの媒体で活動。
芸能人や社長や政治家など、幅広い人物を撮影している。座右の銘は忘個利他。

◆申込み
お名前、職業、電話番号・メールアドレス、写真に関する質問・悩みを記載の上、以下のアドレスまでご連絡ください。
info★moonbark.net
※★を@に変更ください
※質問を基にプログラムを作成しますので、できるだけ具体的にお書きください

<質問例>
•ライブを格好よく撮りたい!
•彼女をキレイにセクシーに撮りたい!
•山や海の写真を撮りたい。
•インタビュー取材などちょっとした仕事の撮影をしたい!
•RAWデータってなに?
•ズームと単焦点どっちがいいの?

ぜひお気軽にお申し込みくださいませ!

magazine.moonbark.net

【第1回】月子を甲子園へ連れてって 出版甲子園グランプリへの道2016

【WEBマガジン更新】
今年も始まりました、月吠えインターンたちが出版甲子園グランプリを目指す企画!今年チャレンジする学生はJDたち!どんな子たちなのか、そしてどんな企画を出したのか!?ぜひご覧ください!!
http://magazine.moonbark.net/special/road_to_koshien12_1

magazine.moonbark.net 「リベンジします」これは西武ライオンズに入団して1年目の松坂大輔が、千葉ロッテマリーンズのエース・黒木知宏と...

[06/14/16]   【イベントのお知らせ】

もしも歌人が作詞をしたら?
もしも作詞家が短歌を詠んだら?

同じ言葉を使う職業ではあるけれど、必要な思考やテクニックはまるで違うはず。じゃあ、どんな点が違って、どんな共通点があるのでしょうか。

そこで、歌人の伊波真人さん、作詞家のhotaruさんをお招きし、
「言葉と音」をテーマに対談していただきます。

また架空のTVアニメ『つきほえっ!』をモチーフに、伊波さんが作詞に、hotaruさんが短歌に挑戦。皆様の前で発表します。

これから歌人や作詞家を目指す方、「言葉と音」の関係に興味がある方、アニメ好きな方にはきっと、楽しいイベントになるはずです。

***************************

■イベント
声に出すと気持ちいい“ことば”とは?
~現代歌人×アニソン系作詞家対談~

■ゲスト
伊波真人(歌人)
「冬の星図」により、第59回角川短歌賞受賞。角川「短歌」、「朝日新聞」等に短歌・エッセイ・コラム等を寄稿。ラジオ・トークショー出演、短歌ワークショップの講師なども務める。

hotaru(作詞家)
『Re:ゼロから始める異世界生活』『プリンス・オブ・ストライド』『けいおん!!』など、アニメ関連を中心とした作詞を手掛ける。

■日時
7月3日(日)15時~17時30分

■会場
ネコ文壇バー 月に吠える
新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3FA号室

■料金
1000円(1ドリンク付き)
※追加ドリンクは1杯500円

■定員
20名

■お申込み方法
お電話の場合→03-3226-1267までご連絡ください
メールの場合→お名前、人数、連絡先を明記の上、[email protected]までご連絡ください

***********************************

tabelog.com

エソギエ (新宿三丁目/アフリカ料理)

【募集】
月吠えマスターをはじめ、一部のスタッフ御用達の新宿三丁目のアフリカンバー「エソギエ」で、スタッフを募集しているそうです!週1日~OKとのこと。

マスターのナイジェリア人・ラッキーさんは超魅力的な方で、お客さんも面白い方が多く、楽しく働きながらいろんな経験を積めると思います!女子一人でも気楽に来られるような、安心できていい雰囲気のお店ですよ。

興味ある方はぜひ一度飲みに行ってみてください。一人で行くのが怖いという方は、ネコ文壇バーへ来ていただければ紹介します!行きつけのお

店がさらにいい店になればいいな、という思いで募集のお手伝いをさせてもらっています!

エソギエはこのお店→http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042544/

tabelog.com エソギエ (新宿三丁目/アフリカ料理)★★★☆☆3.39 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

magazine.moonbark.net

東北の人とともに、町の復興を見届けたい。フォトジャーナリスト安田菜津紀さん 

【WEBマガジン更新】
若手フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん。
東日本大震災を機に、岩手県の陸前高田に渡り、現地の人々の写真を撮り続けています。

そんな安田さんによる写真絵本「それでも、海へ」が、今年2月に発売。津波が町に壊滅的な被害をもたらしたのに、それでも海とともに生きていく人々のたくましい姿が満載です。

また、陸前高田の人々の写真展も開催。安田さんと現地で暮らす親子によるトークイベントも開催されました。その様子をレポートしてきました。

現地で暮らす方たちの、リアルな声や思いをぜひ感じていただければと思います
http://magazine.moonbark.net/event/yasuda_soredemoumihe/

magazine.moonbark.net フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん。カンボジアで貧困に苦しむ子どもたちやアフリカにいるエイズ孤児たちの取材...

magazine.moonbark.net

【前編】伝えたいことがないから俳句を書く?俳人・佐藤文香さんが考える俳句の魅力とは

【WEBマガジン更新】
前回、歌人の伊波真人さんにインタビューさせていただきましたが、今度は俳人の佐藤文香さんにお話を聞いてきましたよ!

「伝えたいことがないから俳句を書く?」というタイトルを見て、「矛盾していないか?」と思われるかもしれません。
伝えたいことがあるから俳句を書くのでは?と。

けど、佐藤さんのインタビューを読んでいただければ、腑に落ちると思います。俳句ってそういうものなんだ!と。
http://magazine.moonbark.net/interview/satoayaka1

magazine.moonbark.net 夕立の一粒源氏物語 これは俳人の佐藤文香さんが、高校時代に出場した俳句甲子園にて、個人...

あなたの事業を居酒屋のトップリストShinjuku-kuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

場所

カテゴリー

電話番号

ウェブサイト

住所


新宿3-6-11 第一玉屋ビル3階A号室
Shinjuku-ku, Tokyo
160-0022

営業時間

月曜日 19:00 - 00:00
火曜日 19:00 - 00:00
水曜日 19:00 - 00:00
木曜日 19:00 - 00:00
金曜日 19:00 - 00:00
土曜日 19:00 - 00:00
バーのその他Shinjuku-ku (すべて表示)
Hilton Tokyo,  セント・ジョージ バー (バー&ラウンジ) ”Tokyo GiG Style” Hilton Tokyo, セント・ジョージ バー (バー&ラウンジ) ”Tokyo GiG Style”
西新宿6-6-2
Shinjuku-ku, 160-0023

First-class DJ's in Tokyo. 东京著名的DJ and Live. 入場無料/Free Entrance/免費入場

沖縄居酒屋ごっぱち 沖縄居酒屋ごっぱち
高田馬場3丁目12番5号 セブンビルB1
Shinjuku-ku, 169-0075

東京酒bal塩梅 神楽坂店 東京酒bal塩梅 神楽坂店
神楽坂2-10 カグラヒルズB1
Shinjuku-ku, 1620825

全国各地の厳選地酒と麗しの美酒数々… 気軽に、お洒落に、東京酒BALでごゆるりと。 プレミアム地酒時間無制限飲み放題 レギュラー化! 皆様のご来店をお待ちしております!

R - アール R - アール
歌舞伎町2-30-13 高島ビル2F
Shinjuku-ku, 160-0021

American Bar Paradise City American Bar Paradise City
西池袋1-38-1 池袋YSステージ2 2F
Shinjuku-ku, 171-0021

80's American Rock Bar ”Paradise City” 当店は池袋駅西口にある80's Rock Barです。 ロック好き、お酒好き、ガンズ好きの方、そうでない方も、ご来店お待ちしております。

串揚げどんがらがっしゃん本店 串揚げどんがらがっしゃん本店
歌舞伎町1-1-9 G2通り
Shinjuku-ku, 1600021

2018年1月で10周年を迎えました。 営業時間が代わりました。 平日月曜~木曜日15時~深夜3時 金曜、土曜、祝前日15時~翌朝5時 日曜、祝日15時~23時 に代わりましたのでご注意ください。

Bar Ulu Shanti ウルシャンティ Bar Ulu Shanti ウルシャンティ
歌舞伎町1-15-8 ウィングスビル7階
Shinjuku-ku, 160-0021

ulu shanti(ウル・シャンティ)は、バリの言葉で静寂、穏やか、平和を表す言葉で、安らぎという意味を持っています。 http://ulushanti.wix.com/2016 チャージ1時間1500円 カクテル700円〜

BAR-Tied up BAR-Tied up
東京都新宿区歌舞伎町2-9-18 ライオンズプラザ地下1階
Shinjuku-ku, 1600021

MON~SAT OPEN20時00分 CLOSE5時00 Entrance fee Mens 4000yen Womens 2000yen (Free one drink) 2nd drink 500yen~ SUN OPEN13時00分 Kinbaku salon

Lays Union Lays Union
西池袋3丁目31-5
Shinjuku-ku, 171-0021

池袋西口から徒歩3分。

鶏Dining&Bar Goto 鶏Dining&Bar Goto
西新宿7-4-5 富士野ビルB1
Shinjuku-ku, 160-0023

西新宿こだわりの食材“東京軍鶏”とお酒をお楽しみいただけます。

BITTER BITTER
新宿2-11-3
Shinjuku-ku, 1600022

2016.9.1オープン!! ジュンイチ&トシ&トミィで、 ワイワイしとります。

Gallery Bar 26日の月 Gallery Bar 26日の月
高田馬場2-14-5
Shinjuku-ku, 169-0075

高田馬場にある銀塩写真専門のギャラリーバー。壁面は半月毎に変わる写真展。BGMはレコードから流れるJAZZ。スコッチ、カクテルなど豊富。